自然との交流
自然とのふれあいを大切に
02 | 2007/03 | 04
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の訪れ
<
野山に春の訪れが聞こえます
< < < < <

スポンサーサイト
春近し
我が家の春の先駆けて椿が美しく開きました。
100_4817.jpg


彼岸獅子
全国的には、春と秋に踊られるが、会津では春彼岸に踊ることから、彼岸獅子の名がある。 獅子舞は、太夫獅子、雄獅子、雌獅子の3人一組で演じられる。頭に獅子頭を被り、鳳凰を染めた袷(あわせ)着物を着て、手甲、小太鼓、両手にバチ、白足袋が一般的である。 種目は、三人枚舞と一人舞がある。三人舞いは、山下ろし、大切り、袖舞、バチ舞、柴さがし、雌獅子隠しがある。一人舞いは、弊舞、棒舞、弓くぐり、太夫獅子舞、雄獅子舞、雌獅子舞がある。 会津の獅子舞は、天喜4年(1056)に源頼義、義家が安部一族を討つ時、家臣の士気を鼓舞するために舞ったともいわれる。または、義家が八幡神社の分霊を会津に勧請したときに舞ったともいわれる。 天正2年(1574)に疫病が流行り、神に獅子舞を奉納して病気を追い払ったともいう。 寛永20年(1643)に保科正之が山形から会津に移封になったとき、一緒に伝えられたという。 正保2年(1654)に那須市野沢より小松の獅子が伝わったという。
打ち合わせ
< < < < <

喜多方の冬祭り
<
喜多方冬祭り
< < < < <

[READ MORE...]
白鳥の旅たち
<
白鳥1
< < < < <



時計

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

hirosan1

Author:hirosan1
FC2ブログへようこそ!

カテゴリー

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

リンク

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ

「おサイフ」がアバウトな時刻をお知らせし

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

音楽は如何

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。